忍者ブログ
・(むげんがいしゃ)てんぐどー ・しんしゃおく                                          ・プラモとポンチ絵と駄文とやさぐれの日々。                                          ・みんなで飛ばそう駄目電波。                                                  ・引っ越してきました。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カレーの会は単なる名称の名残であって、カレーを食すかどうかは集まった人間の気分次第。多分食わないんじゃないかな。

期日は12月2日(金)の夕方ごろから。
場所は秋葉原。

当日朝まで自分は両国~禁止町あたりにいる予定なのでそこから近い秋葉で。
集合場所はいつもの
c9a93f5c.jpg
























この近辺で。

終了予定時刻は特に定めていません。自分が翌日の夕方発のバスに乗り遅れない範疇で。
例によって無軌道・無目的のだらだら会合間違いなしです。

参加希望の方はコメント欄またはEメールで。
特に自分の携帯電話のEメールアドレスをご存じない方は←のEメールアドレスまで。

一応、sigmarion3(いまどき!)を持っていくので←のEメールアドレスやここのコメント欄、ついったーあたりでも連絡可能です。

それではみなさんしくにょろ。

PR
ついったーから抜粋・加筆。

仕事場のPCも、clieもzaurusもpoketWi-Fiでweb接続しているが、PDA類の仕様が古いため、WEB端末としては苦しくなってきた。現状のWEBページに対してメモリとか、ブラウザの非対応具合とか。

もちろんPDAとしてWEB接続以外のスタンドアローン使用なら今もって優れているのだが。でも自宅や遠出など仕事場以外でのWEB端末を新しくしたい気持ちがある。でも携帯電話があるのでスマートフォンはいらない。

携帯電話は基本電話さえできればよい。スマートフォンで最もいらない機能は電話。電話機能のないスマートフォンのようなWEB端末があるとうれしいが、ipodだとどーせまたクイックタイムに悩まされると思うので相性のすこぶる悪い(あくまでも相性だ)apple製品は排除。

そんな中、全国70億の日本人が日本販売を待ち焦がれるHP/Palm/webOSのveer(なんと名刺サイズ)が、スマートフォンでありながらSIMなしで、Wi-Fi端末として(電話機能無視で)使えるらしいと聞いた。

うわー気になるなあ。どっかで安く買えないかなあ。日本語化の手間はきっとあるだろうけど欲しいぞ。


自分のモバイル歴(ひきこもりのくせに)がSONYのClie(PalmOS)から始まっているだけにPalm/webOSの製品が一つは欲しい。便利かどうか性能はどうかは割と2の次だったりする。あと頭悪いことを言うとマイノリティゆえの優越感(おっかしーなーPalmOS時代はマジョリティの優越感だったろうに)。

そんなHP/Palm/webOSのVeerはこちら。
http://www.hp.com/united-states/webos/us/en/smartphone/veer.html

↓に広告があってもそれは無関係だ。
記事ん中に広告を入れられるのを嫌ってドリコム(もう無えや)からNINJAに移ったのになんで広告入ってんだよー。広告が必要なことは理解しているが記事ん中に入れんなよー。
みくしの日記から転載

①選手にだって行きたいチームはある>でもそれを許すと戦力の不均衡がおこる>だからドラフト制度>それでも選手にだって拒否権はある>だからといって何年も連続で(かつ巨人のみ)ドラフトの意義をないがしろにするようなことは許されまい。

②原監督の甥で、巨人に行けば話題性もあり、ビジネス面でも有効だ>フロント陣もそれを認めている>だがそれでも巨人も、日本プロ野球も原一族の持ち物ではない。自由にできると思わないでよねー。

てわけでファイターズの決断とその引きは賞賛する。
が、「またいいのはパ・リーグかよー」とも思うし、逆に、投手を育てるなら今は断然パ・リーグだよなと思う。

一方で2世・3世の選手は大成した例にとぼしく、今度こそ、と思えばなおさら巨人で見てみたい気もする。
が、たとえ一本釣りできたとしても、1年目は結局2軍で、1軍入りできたときには原監督退任済みだったりする可能性だってあるんだがな。

ファイターズが指名した際の原監督の姿は競合するはずないとドラフトを舐めきっていた感はあるものの、選手・監督ともに紳士としてふるまっていたとは言えるだろう。
さて以下は周囲の様子をニュース記事から抜粋しつつ。


祖父の原貢・東海大野球部顧問(76)、父・隆志さん(49)、原監督の妹にあたる母・詠美さん(48)ら一家が勢ぞろい。テレビ中継に見入ったが、日本ハムが交渉権を獲得すると沈黙した。「4月から指名を決めていたということでしたが、事前に指名あいさつは一切なかった。1位指名は光栄です。競合入札もルールにのっとってのことと理解しています。ただ、道義的にこうしたやり方は許されるのでしょうか。残念で仕方がありませ
ん」と隆志さんは強い不信感を口にした。

気持ちは理解できないでもないが、ドラフト制度の意義を考えれば

「交渉権獲得前にあいさつに行く方がよっぽどおかしい」

と思うがね。「(多少意訳ぎみだが)事前に詣でろ」という要望は道義的にどうなるのか、と問われることになるだろう。

みくしの日記から転載・続き

どうも家族がプロ野球界の仕組みを知りすぎてるってことだなー。
他の一般家庭なら企業側の方からくるなんて想像もつかんてー。

東海大系列野球部の原貢顧問は
「日本ハムからは“(指名に)行きますから”というあいさつが一言もなかった。これは人権蹂躙(じゅうりん)。ドラフトにかけるなら、あいさつが両親のところに普通ある」と憤慨した。

あいさつが~ってのは気持ち含めてすでに述べたとおりだが、この「人権蹂躙」は見逃せない。
そこまで言うからには貢氏は今後一切の自身の持つ政治力を使ってはならないだろう。それまで使っていたかどうかは知らないが。

第一ドラフトの手順を一野球部の顧問の希望する形で進めてはいけない。

誰だって自分の可愛い教え子や子孫が希望するところへ行けるよう願っているさ。
でもそれだけですまないのがドラフト制度。不満があるなら制度そのものから話を聞こうじゃないか。

結局繰り返すけれど、「交渉権を得てから話を進める」べき。
それ以前のあいさつだの希望を公言するだのは止める気もないが重視してもいかんと思う。
今日が千秋楽。といっても昼・夜の2公演で、自分が行ってきたのは昼公演なのでこの更新をしている今はまだ夜公演が上演中だったりする。
すっかり穴熊生活で名古屋に出るのも久しぶりだ。

開演まで多少の時間があったのでzepp名古屋となりの大きいゲーセンでピンボール。

s203.jpg






























sternのWorld poker tour
シンプルで遊びやすい台。
もう1台は定番ロードオブザリング。
ロードオブザリングはエクストラボールも再プレイもとれたので割と満足。
ピンボールで遊びたい症候群も少し解消。
しかし揺らす度胸はいまだ無いなあ。

そうこうしているうちに会場が開場。

s202.jpg




















ロビーには各構成員のICBMツアー戦闘服。

s201.jpg




















ホール内には記念撮影用のパネル。一緒に写真を撮ってもいいのだ。

ノンフィクション映像なので3Dでも不自然に飛び出したり変な奥行感になったりはしない。が、その分ステージを生で見ている気分になれた。決してアングル固定ではないのにもかかわらず。実に面白かった。ラストの構成員が去っていくところはやっぱり泣きそうになってしまうよ。

追加公演があるとは聞いていないような気がするのでこれから他人に薦めることができないのが残念だが、同日の映像は3Dでなければソフト化されているので興味があったら見てくれたまい。

バクマンの主人公は恋人を自作のヒロインの声優に使いたいという目標がありながらなぜアニメ業界にいかなかったのだろう?




漫画をこそ描きたい主人公と、声優を目指す恋人の合流地点は確かにアニメ化だがじつはそこには深い深い溝があるのだ。

自分のマンガがアニメになって恋人がヒロインになって万々歳かと思いきやアニメを作るのが他人で思い通りでない作品の姿に悩むのは間違いないと思うのだが。そこまでやるつもりなのかなあ?


なんていうかスタートが間違ってる。

漫画家を目指す2人の青年の物語なら恋人が声優で~ってのはストーリーの枷としてきつい。
上手くいきかけたことがあっという間にこの要素で否定される。今の時点できついのにアニメ化成功!となった際にできたアニメを手放しで喜ぶストーリーにできるのだろうか?あれだけ理屈こねくり回して悶絶して漫画描いてきたくせに?

じゃあいっそ主人公はアニメーターから上をめざし、相方は脚本家を目指すものにすればよかったんじゃないか?これなら主人公が監督(もしくはキャラクターデザイン・総作画監督)まで上り詰め、原作なしオリジナル脚本(相方のね)のアニメをやる・ヒロインの声優は恋人で決まり!これならいけそうだ・・・・・・って道のり長えよ!それにジャンプでやる意義が薄い。※

あくまでも漫画家を目指す・漫画家であり続ける青年たちの物語であることが企画の骨だと思うからなあ・・・なんか「バクマン!」にしっくりこないものを感じてしまうのだ。手段と目的が噛み合わないような。

結論:小豆邪魔。←ひでえ


※・・・相方の方を制作進行から演出・監督にするルートもありか。あと道のり長いと言うが、よしもときんじ氏・うるし原智志氏のコンビで若くして(20歳そこそこ!)達成した例もある。
すっかり更新頻度が下がってあれなのでここ以外に登録しているWEBサービスのリンク。
全部含めれば週1回以上は更新している。

みくし
ぴくしび
[fg]
ついったー

名前はてんぐどーまたはtngd
気が向いたら寄ってちょんまげ

あとfacebookも登録してあるがそちらは自分=tngdを現時点で知らない人向けなので省略
どっちが世を忍ぶ仮の姿かわかったもんじゃないが
1310295664819.png


























陽のあたる急なコクリコ坂から


YEK先生、消されたのか?
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
てんぐどー
性別:
男性
職業:
へたれ絵師
自己紹介:
てんぐどーへの
報告・連絡・相談
すなわち「ほうれんそう」
はこちら

tngdtengudo♪yahoo.co.jp
♪の置き換えはお約束
最新CM
[11/30 YEK]
[11/19 神薙]
[11/19 funa]
[11/19 あべもりおか]
[07/16 アニ]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]